今すぐお金を借りたい!来店不要で即日融資も可能なカードローンをご案内!

何か欲しいものがある、旅行に行きたい、デートで女性を喜ばせたいなど「すぐにお金が欲しい」という状況は少なくないでしょう。もちろん、これらはすべて自己資金で賄うことが理想ですが、中にはそうできない人もいます。

 

また、事故や病気などで突発的にお金が必要になってしまう場合などもあり、そういう状況で「カードローン」は非常に便利です。ここでは主に「どこのカードローンがおすすめなのか?」について触れていきますが、それにはまずカードローンとはどういうものなのかを知ることが大切です。

 

単におすすめのカードローンと勧められたものを選ぶのではなく、「本当にそうか?」と自分で考え、自分の意思で選択できる状態が理想的です。

 

たとえば、「カードローンを利用したい」のであればカードローンの選び方について知り、「今すぐにお金を借りたい」のであればカードローンごとの特徴や申し込み方法について知るという具合です。目的に応じて何がポイントになるのかをよく考えましょう。

 

選択基準が明確ならば悩みを解消できるカードローンはある

カードローンに対してどういう認識を持っているのかは人によって違うでしょうが、広く共通している認識の1つが「すぐに借りられる」というものです。「即日融資」という言葉でもよく知られていますが、これに対応しているカードローンであれば最短1時間以内でまとまった現金が手に入ります。

 

「今すぐに現金が欲しい!」という希望(悩み)を抱えているのであれば、まずはこの点を優先して選択すると良いでしょう。

 

カードローンといえば即日融資といっても過言ではないほど代表的なサービスですが、即日融資の可能性があるカードローンは2018年現在、「消費者金融系カードローン」だけです。

 

以前は銀行系カードローンにも対応しているものがありましたが、法改正などの影響でこれができなくなったので注意しましょう。また、他にも気になる人が多いものとして次のようなことが挙げられます。

 

・すぐに借りられるのか
・審査を突破できるのか
・安全なのか
・スタッフの対応は親切なのか
・金利は高くないのか
・特典はあるのか
・評判はどうなのか

 

大手〜中小零細まで選択肢は多いがカードローンは何を基準に選べば良いの?

ここで紹介するおすすめのカードローンは、「プロミス」「SMBCモビット」「アイフル」の3社です。いずれも消費者金融系カードローンとしてはよく知られているところですが、それぞれに異なる特徴があります。

 

「大手」いわれる消費者金融系カードローン会社である以上、「評判は良い」と考えても良いので安心できますが、それだけで安心しきってしまうのではなく「自分にとってどうなのか」を意識して判断することが大切です。

 

一見すると似通っていると思える中にも違いがあり、それによって利用者にとってどのくらいおすすめ(当然個人差はあります)なのかを判断します。

 

これをしなかったからといってとんでもないリスクを背負うということはあまりありませんが、これをしたことでリスクを軽減できる可能性は高いです。

 

そのためには知っていることが必要不可欠であり、具体的な違いを知る意味で利用者に評判の良い3社を取り上げます。

 

プロミスの魅力は低金利!最も安心感が高い

金利:4.5〜17.8%
限度額:500万円まで

 

即日融資対応(最短数時間)でお金を借りることはもとより、何と言っても最大の特徴は「最大金利が17.8%」という点でしょう。

 

消費者金融系カードローン各社が最大金利を18.0%に設定している状況から鑑みると、わずか0.2%といえど低い金利で利用できるというのは大きなメリットです。

 

100万円の借り入れに対して年間2,000円の違いでしかありませんが、返済が10年続けば20,000円の違いになる可能性もあるのでけっして小さな違いとはいえません。

 

また、このほかに次のよう特徴もあります。

 

・消費者金融系カードローン最大手の一角としての安心感と安定感がある
・初めてなら30日間無利息で利用できる
・50万円以下は原則として収入証明不要
・三井住友VISAプリペイドへ振り込みチャージ可能かつ初めての利用で2,000円分プレゼント

 

在籍確認の不安はここで解決!SMBCモビットはシステムが特徴的

金利:3.0〜18.0%
限度額:800万円

 

最大金利は18.0%と月並みですが、最小金利は3.0%と低く設定されていことに加え、さまざま方法で即日融資を目指せる点も特徴ですが、最大の特徴は「WEB完結」という独自のサービスを行っていて、これを利用することで電話対応することなく契約手続きを完了させられる点でしょう。

 

他社でも同名のサービスを行っているところもありますが、その多くは「申し込みはWEBだけで完結します」というものでしかないので違いがよく分かるでしょう。

 

また、このほかに次のよう特徴もあります。

 

・限度額が最大800万円と高い
・ローン申し込み機ならほぼ確実に即日融資が利用できる
・三井住友銀行内設置のローン契約機が利用できる
・三井住友銀行内設置のATMなら手数料が無料

 

女性向けサービスが充実!有名大手の一角といえばアイフル

金利:3.0〜18.0%
限度額:800万円

 

金利面に関しては「SMBCモビット」同等と「プロミス」に一歩遅れを取る形です。こちらも最大手の一角として有名で、相応の安心感や安定感に期待できます。

 

基本的には“オーソドックス”な商品を扱っているといえますが、「女性向けのサービスが充実している」という特徴があります。他社でも女性向け商品は数多くありますが、特に女性は候補として検討しても良いでしょう。

 

また、このほかに次のよう特徴もあります。

 

・初めてなら30日間無利息で利用できる
・「SuLaLi」(女性向けサービス)の選択肢がある
・50万円以下(他社を含めて100万円以下)は原則として収入証明不要
・書類の提出に郵送不要(アプリで対応)

 

まとめ

「誰にも会わずに申し込みたい」「在籍確認が不安で電話して欲しくない」という場合はモビットが一歩優位であり、女性や限定的な条件で有利になる可能性はアイフルが期待できます。ただ、中でも“特におすすめなのはプロミス”です。

 

ここまでで説明した中で、プロミスは「オールラウンダー」という印象が感じられたかと思いますが、尖った特徴があればあるほど利用者が限定されかねません。その点でプロミスならば安心ですし、何よりも“金利がほかよりも低い”という魅力が大きいです。

 

わずか数千円とはいえ、この違いがどれだけ大きなものかは返済が難しくなるにつれ強く実感できます。「万が一のリスクに配慮すること」はカードローン利用時の重要事項であり、その点で有利な分だけプロミスの優先度が上がります。