愛犬の健康を願うならサプリを食べさせよう

様々な生き物

フィラリア症から守るため

犬

症状や予防方法

屋外で飼っていたり、屋外に散歩に連れて行ったりするペットは、フィラリア症となる可能性があります。フィラリア症とは、蚊に血を吸われることで体内にフィラリアの幼虫が入ってきて、それが体内で成長したり増えたりする病気です。入ってきたフィラリアは、血管内を移動して肺や心臓の付近で増えていきます。増えたフィラリアの塊が団子状になることもあり、それによりペットの体では、血液の循環が妨げられ、心肺機能が低下していきます。生命を失うこともあるため、飼い主の多くがフィラリア予防薬をペットに飲ませています。フィラリア予防薬は、動物病院で処方してもらうことができます。錠剤タイプのものもありますが、ペットに飲ませやすい、おやつに似せて作られているものもあります。これらを飲ませると、約1ヶ月で血液中にフィラリアを駆除できる成分が行き渡ります。その後は、たとえ蚊に刺されて体内にフィラリアの幼虫が入ってきたとしても、フィラリアの増殖が予防されるのです。ただし、服用後約1ヶ月で効果が出るわけですから、フィラリア予防薬は蚊が発生する時期の約1ヶ月前から飲ませる必要があります。そして蚊が発生しなくなってから約1ヶ月が経過するまで、毎月飲ませる必要があるのです。フィラリア予防薬の価格は、処方する動物病院およびペットの体の大きさによって異なってきます。小型犬など体重2〜3kgほどのペットの場合、1ヶ月分が約500円ですが、体重10〜20kgほどのペットの場合、約1000円となります。