愛犬の健康を願うならサプリを食べさせよう

女性と犬

フィラリア症から守るため

犬

ペットが蚊に刺されると、フィラリアの幼虫が体内で増えていくという、フィラリア症となることがあります。そのため動物病院では、フィラリア予防薬が処方されています。これを、蚊の発生時期の前後1ヶ月を含めて毎月飲ませると、増殖は予防されます。価格は、体の小さなペットの場合、1ヶ月分が約500円です。

顔立ちだけで決めないこと

パピヨン

パピヨンは優雅な姿が人気の犬です。購入する際は顔立ちで決めてしまいがちですが、成長とともに変わる場合もあるので、ブリーダーから両親の写真を見せてもらうといいでしょう。また色によっても性格が異なる傾向があり、ミスカラーは遺伝性の疾患の可能性もあるので、専門家からきちんと説明を受けるようにしましょう。

ペットのお葬式を挙げたい

御骨

ペットのお葬式を挙げたいと希望している場合は、専用斎場を持っているペット供養業者に相談してみるとよいです。そうすれば、友達を呼んで簡単なお別れ会を開いてから、亡くなったペットを荼毘に付せるようになります。

健康法の1つ

サプリ

2種類を与える

愛犬の健康を飼い主は管理する必要があり、獣医師へ相談することによって、人同様、生活習慣病の予防や改善が図れます。特にペットは言葉を発することがない分、不調に気付きにくく、ドッグフードの食べ過ぎによる肥満も問題化されているほどです。犬用にもサプリが提供されていますが、何を摂取させるべきか、悩む飼い主にとっては、獣医やペット栄養管理士に相談するのが適切とも言われています。薬ではなく栄養補助食品ですから、効果も穏やかで、ゆっくりとしています。効果的なのは、加齢とともに落ちてしまう免疫や抵抗力を保つために成犬やシニア犬にサプリを与えることです。というのも、症状が重くなってからの摂取では効果も期待できないため、成犬から関節炎や皮膚トラブルを予防しておくことも寿命が短い犬にとっては大事です。効果的な摂取には、ベーシックとターゲットの2種類のサプリの併用です。一例として、マルチビタミンで被毛や皮膚などを艶やかに保ち、グルコサミンやEPAなどで関節や老化を予防する内容です。体の内と外から健康を守ることが期待できます。選び方として、植物由来や自然派の原材料であることは大事な点です。また、最近では粒の小さなタイプも市販されていますが、飲み込む力が弱いシニア犬には詰まりの原因にもなりやすく、潰して粉状態で摂取させるのも適しています。また、ゼリー状のオブラートで飲み込みやすくする工夫も、サプリに難色を示す場合には効果的です。